リンク集のページへ サイトマップのページへ このサイトについてのページへ
 



space
活動(事業内容)



 
 コラム column
ライン
  << 目 次 ‖   次のコラム→
ライン



コラム01 <広島展覧会を終えて・・・主催者の感想>
ライン

浦池 令子
 とても勉強になりました。一年間展覧会をふまえて生活することの意味を実感しました。


小椋 裕子

 修復のクラスに入ってからは、しばらく製本とは離れた生活になっていたので、今回の製本三人展で、
あらためて製本のよさ、楽しさを実感することができ、またその作品を居心地のいい素敵な所でたくさんの方々に
見に来て頂いたことはとても嬉しく、いい経験になりました。
この経験を大事にしてこれからも製本、修復の勉強に励んでいきたいと思います。
浦池さん、佐々木さん、見に来て頂いた方々、本当にありがとうございました!


佐々木 麻美

 場所は「ギャラリー」として考え作られた空間ではなかったが、その分思いのまま自由に出来たように感じる。
3人で急に日程を決め、場所は初めて広島で・・とあわただしい事だったが、こうやって動くとやっていきたい事が
少しずつでもわかっていくようだ。


ライン
    次のコラム→





このページの先頭へ ▲ 
space Copyright(C) 2004 書物の歴史と保存修復に関する研究会.All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
当ホームページに掲載の文章・画像・写真等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
 
  space