レポートVol.63     東日本大震災津波被害-被災文書救出の記録 補足

東日本大震災津波被害 - 被災文書救出の記録 補足

  当研究会のレポートVol.434446にて掲載した上記のレポートの補足として、折りたたみクリーニングボックスの設計図を紹介させて頂きます。

2015年3月3、4、5日の三日間、独立行政本人奈良文化財研究所主催の「文化財の防災に関する研究集会」が行われ、当研究会の長友馨が「被災資料のドライクリーニング」について、その経験とまとめを発表させて頂きました。

その中で、このクリーニングボックスについて紹介し、上記研究集会に参加された方々の強い関心を集めました。クリーニングボックスは、作業時に舞い上がる土やホコリ、黴などから作業者の健康を守るのに欠かせない装置で、簡便なものから重厚なものまで様々な形態があります。今回紹介するものは長友の考案による、折りたたみ可能かつ手軽で安価なボックスです。多くの方々に利用して頂けると幸いです。

【 設 計 図 】

report63_01 クリーニングボックス設計図・素材・作り方

設計図を印刷する >>

ライン

【 組 み 立 て 】

report63_02 折りたたみクリーニングボックス
1) 折りたたみクリーニングボックス
report63_03 組み立て(開く)
2) 開 く
report63_04 組み立て(折り曲げ部分をスリットに入れる- 1)
3) 折り曲げ部分をスリットに入れる- 1
report63_05 組み立て(折り曲げ部分をスリットに入れる- 2)
4) 折り曲げ部分をスリットに入れる- 2
report63_06 組み立て(上部透明シートを被せる)
5) 上部透明シートを被せる
report63_07 完成(クリーニング・イメージ)
6) 完成 ― クリーニング・イメージ

お知らせ

『図書の修理とらの巻』平成29年8月16日発行
おかげさまで第三版となりました。未綴じ本残部少々あります。
→リンクはこちら