第3回 <実際の18世紀スタイルの書物(2)>

担当 修復本科 栗田衣里子  2006.7.30

 今回は、前回と同じ18世紀スタイルの書物で花ぎれなどのタイプが違うものを紹介します。

 

以上のように、花ぎれや見返しには様々なタイプのものがあり、製本技術の発達と共に機能的なものから装飾的なものへと変遷してきました。
これらの種類などについても、今後紹介していきたいと思います。

貴重書修復のご相談はこちらへ

私たちNPO法人書物研究会は長きにわたって大学図書館、関連機関などの貴重書の修復に携わってきました。傷んだ貴重書の修復を私たちの工房にお任せください。

詳細はこちら

図書修理講座はこちら

NPO法人書物研究会では、奈良県立図書情報館との共催で図書修理マイスター講座を毎年行っています。

詳細はこちら

 

お知らせ

『図書の修理とらの巻』平成29年8月16日発行現在続編執筆中です。刊行予定2019年3月。未綴じ本完売しました。
→リンクはこちら