第3回 <実際の18世紀スタイルの書物(2)>

担当 修復本科 栗田衣里子  2006.7.30

 今回は、前回と同じ18世紀スタイルの書物で花ぎれなどのタイプが違うものを紹介します。

 

以上のように、花ぎれや見返しには様々なタイプのものがあり、製本技術の発達と共に機能的なものから装飾的なものへと変遷してきました。
これらの種類などについても、今後紹介していきたいと思います。

お知らせ

『図書の修理とらの巻』平成29年8月16日発行
第四刷決定。現在続編執筆中です。未綴じ本残部少々あります。
→リンクはこちら