17:パピルス製作記  NPO書物研究会 上村浩美 

パピルス製作も3回目です。去年のパピルスからは芽が出ず、明治大学リバティースクールのKさんから苗をいただき、工房ベランダの日当りの良い場所で育てました。10月中旬に刈り取ってパピルスを製作しました。今年は本部教室生の希望者が自宅でパピルスを育てたのですが、日当りにより成長の差がありました。
今年と去年の作業の違いは、水を替える時にパピルスを棒で延ばしたこと、パピルスを縦横に重ねる時に棒で叩いたことです。その結果、パピルスは空気に触れても黒くならず、去年よりも薄く出来上がりました。

1.準備作業    2011年10月17日(参加者:4名)

・パピルスを刈る。20センチ位に長さを揃え、皮をむく。
薄く削ぎ切りにし、水につけておく。
・3日後、パピルスを棒で伸ばしてから新しい水につける。

 

2.パピルス作成    2011年10月25日(参加者:6名)


パピルスを不織布の上に縦横に重ねる


棒で伸ばす


不織布の上から叩く


プレスする


間に挟む紙を替えながらプレスを続ける
(約1週間)


完成

お知らせ

『図書の修理とらの巻』平成29年8月16日発行
第四刷決定。現在続編執筆中です。未綴じ本残部少々あります。
→リンクはこちら